【スペイン語】Tener que /Hay que使い分け・使い方の違いは?

西語学習

まず、TenerとHaberの使い方とその違いとは

【スペイン語】HaberとTenerの活用の不規則変化の違いと使い方+例文付

こんにちは

今回は動詞TenerとHaberの使い方の違いについてご紹介します。

この二つの動詞の活用は両者不規則ですので、変化を覚えなければなりません。

まずは活用の変化を覚えましょう。以下の通りです。

HaberTener
YoHeTengo
HasTienes
Él/EllaHa/(Hay)Tiene
Nosotros/asHemosTenemos
Vosotros/asHabéisTenéis
Ellos/asHanTienen

Haber・〜がある(いる)の使い方と意味・Existencia(no personas)

動詞Haberは存在を表す動詞です。

他の記事で勉強する現在完了形などはHaberの活用を使いますが、

動詞のある・いるの場合は、三人称の単数形しか使いません。

つまり、Hayしか使いません。

英語でいうThereと同義、同じ意味でりんごがある。家がある。など物の存在の表現について使われます。

人に対しては使われないので、注意が必要です。

例文

Encima de la mesa hay un periódico

机の上に新聞があります。

En mi casa hay un salón

私の家に居間があります。

Hay 3 manzanas.

りんごが3つあります。

Tener・持っています。の使い方と意味「Posesión・Edad」

Tenerは所有と年齢を表す動詞です。

英語でいうHaveと同じ意味を持っています。

Tenerの後に名詞を置くことで、〜を持っています。という意味になります。

また名詞の代わりに年齢を置くことで、歳を表す表現になります。

例文

Paco y yo tenemos 2 motos.

パコと私は2台のバイクを持っています。

María tiene 24 años

マリアは24才です。

〜しなければならない

さて本題の「〜しなければならない」義務を表す表現ですが

上記の動詞二つを使った表現があります。

  • Hay que + infinitivo(不定詞)
  • Tener que +infinitivo(不定詞)

この使い分けを簡単に説明したいと思います。

Hay que + infinitivo(不定詞)「一般論」

どうしHaberを使った表現は一般的な義務を表す表現です。

例えば、

  • 人は犯罪を犯してはいけない。
  • 働かなければならない
  • 水を飲まなければならない

などの一般的な話のなかでの義務を表します。

そして、Haberの活用は主語が一人称単数でも二人称複数でも、常に三人称単数のHayを使います。

これは主語がないため、一般論を話すので、三人称単数の形をとります。

例文

Hay que hacer más deporte.

もっとスポーツをしなければならない

Hay que reciclar para el medio ambiente.

環境のためにリサイクルをしなければならない

Hay que trabajar todos los días.

毎日働かなければならない。

Hay que estudiar seriamente en clase.

クラスで真面目に勉強しなければならない。

Hay que pagar impuestos.

税金を払わなければならない。

上記のように一般的な義務や全体の義務を表します。

Tener que + infinitivo(不定詞)

上記のHay queとほぼ同義ですが、こちらは主語に対する義務を表します。

例えば、

Tengo que estudiar mucho para aprender español.

私はスペイン語をたくさん勉強しなければならない。

という意味になり

主語は〜しなければならない。という意味になります。

なので、主語によって動詞Tenerの活用も変化するのでその都度活用の変化を確認していきましょう。

例文

Tengo que estudiar español todos los días.

私は毎日スペイン語を勉強しなければならない。

Tienes que hablar con el jefe sobre salario.

あなたは給料について上司と話さなければならない。

Tenemos que volver a casa en metro.

私たちは地下鉄で家に帰らなければならない。

以上がHay que/Tener queの違いでした。

その他Deberを使った表現もありますので、少しだけご紹介

Deber+不定詞

Hay que/Tener queの表現とほとんど似ていますが、

少しだけニュアンスがあります。それは

ーすべき

という意味合いがあります。

Como tienes un resfriado,Debes tomar una pastilla

風邪をひいているから、薬を飲むべき(飲まなければならない)

Hay que/Tener queを練習してみよう!

簡単な練習問題を作りましたので、ぜひ練習してみてください

今回の記事はいかがでしたか

ほかにもスペインの情報やスペイン語について記事を書いています。

ツイッターでもいろいろ発信しているので、フォロー登録してもらえると更新の励みになります。

りょー(@pawnspanish)

コメント

タイトルとURLをコピーしました