fbpx

「〇〇のプロ(profesional)」ってスペイン語で?/前置詞

前置詞

スペイン語で、〇〇のプロ・専門家ってなんというのでしょうか

仕事の場面で、彼はSEOのプロだから!とか教育の専門家だから!

なんて紹介する場面などもあるかと思います。

これから留学する方なんかは、自己紹介の際に、

「私は〇〇のプロです!」なんて言えちゃったらかっこいいですよね!

今回はスペイン語で「~のプロ」の言い方をご紹介します。

「~のプロ」ってスペイン語で?/前置詞

Experto en を使ってエキスパート=プロを表現します。

Enの後に名詞を置くことで、〇〇分野のプロ/エキスパートということができます。

Miriam es experta en ordenadores.
Conoce todos los modelos y marcas y además sabe programar.

ミリアムはパソコンの専門家である。
すべてのメーカー・モデルを知っているし、さらに、プログラミングもできる

例文のようにパソコンOrdenadoresを置き、パソコン分野のプロという意味になります。

『エキスパート』の使い分け

expertoは形容詞・名詞の二つあるので、使い方にも注意が必要です。

表現方法
  • Soy experto
  • Soy un experto

どちらも同じ表現ですが、ニュアンスが異なります。

最初のSoy expertoは形容詞として使っているので、

「私は、〇〇のエキスパートです」と自分の性格や本質などを表しています。

ちょっと辺な言い方をすれば、

「俺、ドリブルの神だから!」と神ではないが、そのレベルのプロだということを表します。

次に、Soy un expertoの場合ですが、こちらは職業や立ち位置を表しています。

「教師・教授・博士etc」などのプロという立ち位置にいる表現になります。

その専門分野に長けている職の人を表す時に使われます。

ちょっとしたニュアンスですが、区別して使えるとスキルアップ間違いなしの表現方法です。

タイトルとURLをコピーしました