fbpx

間違えやすい前置詞「〜に連絡する」ってスペイン語で?

フレーズ

スペイン語圏に留学や生活・その国の人と友達になると欠かせないのが、連絡手段です。

友人や近しい人なら気軽に連絡が取れますが、ちょっとした知り合いなどに

「問題があった際に連絡してもいいですか?」「あとで連絡します!」なんて伝えなければいけないシーンは結構あります。大家とのやりとり・上司・学校の先生などなど

そんなとき、「連絡をとる」という表現はどのようにスペイン語で表していいのでしょうか?

今回は、「連絡をとる」をスペイン語でご紹介します。

「〜と連絡をとる」ってスペイン語で?

「連絡をとる」はスペイン語の表現で動詞とイディオムの2種類があります。

  • Contactar
  • Ponerse en contacto con〜

の二つです。

今回はこのPonerse en contacto conを詳しくご紹介していきます。

Contactar

この動詞は連絡を取るという意味の動詞です。

Ponerse en contacto con〜

こちらの表現は前置詞を多く使っているので、前置詞の使い方に気をつけたい表現です。

Ponerseはこの場合、自分をある状態におくという意味なります。

そのほかの意味で「〜なる」という変化の表現で使われる表現です。

以前の記事でもご紹介しました。

復習したい方はそちらの記事に詳しく解説したので、参照してください

ponerse の主語をcontacto「連絡」の状態にその身を置く。という意味です。

つまり、連絡可能な状態にその身を置いている状態

そして、誰との連絡先?という部分はconの後に「連絡相手」を置きます。

それらが全て繋がり、「〜さんと連絡の状態にその身を置いている」という意味になります。

つまり「〜と連絡を取る」という意味になります。

一つ一つ分解して見るとワケがわからなくなるので、一つのイディオムとして覚えてしまう方が簡単かと思いますが、気になる人がいるかと思い解説してみました。

Si tienes alguna pregunta, ponte en contacto conmigo.

もし、何か質問があるなら、私に連絡を取ってね。

Para pedir una cita con el doctor, ponte en contacto con la clínica.

もし医者の予約をしたかったら、クリニックに連絡を取ってね。

関係ないけど、スペインって連絡網ってあったのかな?

Tener/Estar en contacto con〜って何?

辞書で「連絡」と調べるとTener/Estar en contacto conというイディオムが出てきます。

こちらも使いますので、ついでに覚えてしまいましょう。

Tenerは「持つ」という意味なので、コンタクトを持っていると理解できるのですが、Estar「いる」という動詞はちょっと変な感じがしますよね。

スペイン語ではコンタクトをとれる状態にいる→コンタクトをとる

という意味になります。

Tener Estarをどちらも使っても同じ意味になるので、好きな方を使ってみましょう。

Desde que me fui a vivir a España ya casi no tengo contacto con mis amigos japoneses.

スペインに私が行ってから、ほとんど友達とコンタクトをとっていない

Siempre estoy en contacto con mi profesor de español.

いつもスペイン語の先生と連絡を取っている

まとめ

いかがでしたか?日本語にはないニュアンスのスペイン語の表現があり、ちょっとつまづきやすい表現ですが、慣れたらガンガン使っちゃいましょう!

他にもインスタグラムで投稿をしているので、そちらもフォローお願いします。

エスパハポ・インスタグラム

タイトルとURLをコピーしました