「~の権利」ってスペイン語で?/前置詞

前置詞

こんにちは

りょーです(@pawnspanish)

突然ですが、日本には3大権利があります

  • 生存権(健康で文化的な最低限度の生活を営む権利)
  • 教育を受ける権利(教育を受ける権利)
  • 参政権

この3つ!

おっと、社会の時間ではないですよ!

本題は

モヤモヤ
モヤモヤ

スペイン語で「権利」ってなんていうのでしょうか?

今回は「権利」についてご紹介したいと思います。

【Derecho a 】~の権利・エスパハポ・前置詞チャレンジ

「権利」はスペイン語で

Derecho です。

生きるための権利はなんというのでしょうか。

Derecho para vivir じゃないですよ?

日本語で〇〇のための権利と訳しがちで、結構間違えてしまう人は多いのではないでしょうか。

Derecho a 〇〇 で 〇〇の/ための権利 になります。

これは覚えてしまいましょう!

Derecho a を使ったスペイン語の例文

それではDerecho aを使ったスペイン語の例文をいくつピックアップしました

著作権(Copyright)

derecho de reproducción.

人には生きる権利がある

El hombre tiene derecho a vivir.

ちなみに①(りょーのスペイン余談)

ちなみにスペインでは、不法滞在者を家から追い出す法律がないため

お金が払えない方たちやホームレスの方たちが、違法に家を占拠したり、家賃を払わずにい続ける人たちがいます。

てっきり、スペインには不法滞在する権利があるのかと思って、

なので、今回の記事に参考例文を入れようと思ったのですが、

別に権利があるわけではなく、取り締まる法律がなく、追い出す権利もないし、違法に滞在できる権利もないという両者には何もないということで、多くの大家が泣いているような状態だそうで

全くこの記事に使えねぇじゃん。ということでボツになった経緯があります。

ちなみに②(りょーのスペイン余談)

スペイン語には性的な表現が多くあります。

性器の名前だったり、寝るだけの関係だけだったり

おい、何言ってんだ突然

まぁ落ち着いてください。

今回のDerechoはとてもよく使われる言葉があります。

それは、「セフレ」です。

セフレはFollamigo とよく言われます。

Follar性交する

Amigo友達

この二つを掛け合わせた造語?があります。これはカジュアルな表現で、フォーマルな表現があります。

セフレにフォーマル表現なんて必要??

と思いますが、あるんです。

それは、Amigo con derecho a roce

お察しの通り、セフレのフォーマルの言い方ですので、日本語だと性交できるための友人?

みたいな感じになるのかな、とりあえずダサい表現ですので、使わないほうがいいです。

受け狙いにはもってこいのフレーズですがw

最後に

他にもスペイン語を紹介していますので、ツイッター・インスタグラムなどフォローしてもらえるとすぐに更新情報が届きますので、ぜひチェックしてください!

それでは、Hasta luego !

コメント

タイトルとURLをコピーしました